ホンダとトヨタで燃料電池自動車バトルとなるか。

先日、日本初の一般向けに販売開始する燃料電池自動車となる「トヨタ・ミライ」をリリースしたトヨタに対して、ほぼ同じくしてかつてから燃料電池自動車「FCXクラリティ」の実証実験と開発を行っていたホンダが燃料電池自動車のリリース予定を発表しました。トヨタ・ミライの真っ向からライバルとなりそうなホンダの燃料電池自動車とは。

今回ホンダが発表した燃料電池自動車のリリース予定は、2015年度中に日本国内にて燃料電池自動車を発売するというもの。そしてそれに先立ち発表したコンセプトモデルは「Honda FCV CONCEPT」と名付けられた燃料電池自動車で、70Mpaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、水素の充填はトヨタ・ミライと同じく約3分程度。航続距離はミライよりも長い約700キロを予定しています。これ以外のコンセプトモデルのスペックは未公開ですが、これに合わせてホンダは、水素ステーションを従来のものよりコンパクトかつ簡単に設置できる高圧水電解システムを用いたパッケージ型「スマート水素ステーション」を発表、そして燃料電池を家庭用電源として供給することも出来る「Honda Power Exporter」など車両だけでなく、燃料電池自動車を核としたソリューションを提案しています。

ミライと比べてホンダの燃料電池自動車のリリースはまだ先ですが、かつてハイブリッド自動車においては、トヨタはプリウス、ホンダはインサイトで長く販売バトルを繰り広げてきたライバル同士的な存在、今度の燃料自動車というフィールドでの戦いは、どちらが勝者となるのでしょうか、両者が出揃うのが楽しみですね。
ラビット 買取 流れ

ターボエンジンのことについて

みなさんは車でターボエンジン付きの車を所有したことはあるでしょうか?このような車はパワーはさることながらかなりのエンジンのパワーは出ますがかなりのリスクはあるということを頭にいれておきましょうね。特にエンジンは過給機がついたことによっていろんな部品がおおくなっていきます。熱交換器などの部品やいろんな付属の部品が増えるので本当にしっかりとメンテナンスをしておかないと故障を招いてしまいますよね。特にエンジンオイルは定期的ではなくて自分の走った環境や汚れ具合をしっかり見てたとえきれいだとしてもさわってみて粘土がおっていないかなどもしっかりみておく必要性はあります。でないとつまったりしてエンジンのターボの故障につながってしまいますよね。シビアでもあります。過給機のターボの温度は少し走行すれば1000°の熱量になりターボが真っ赤になるくらいの発熱量ですから本当に過酷な状況にあるのですよね。ですからしっかり点検やメンテナンスをするようにしてくださいね。
アルファード買取

走行距離10万キロの車を売る場合

車を売るのであれば、高値で買取をしてもらいたいものです。
しかし、高値で買取をしてもらえるかどうかというのは、その車の状態によっても変わってくるようになります。
一般的に高値で買取をしてもらえる車としては、年式が新しかったり、走行距離が短い車と言えます。
ですので、これらの条件がそろっている車の方が高値で買取をしてもらえるようになるのです。
しかし年式も古くて、走行距離も10万キロ以上も走っているようであれば、買取価格はどうなるのでしょうか。
これは、高値で買取をしてもらうというのは難しくなります。
低い査定であれば値がつかないという場合もあるでしょう。
しかし、だからと言って売ることを諦めていてはいけません。
少しでも査定額が上がるようにすることは可能と言えるからです。
そのためには、一つの買い取り会社だけに査定をしてもらっているようではいけないというのがあります。
ですので無料一括査定などを使って、査定をしてもらうようにすることが大切なのです。
一括査定という事になれば、少しでも競合会社よりもいい値段をつけたいという風に思うものですので、査定が上がる傾向にあるのです。
ですので、10万キロを過ぎてしまった車だとしても、売ることを諦めてはいけません。
10万キロを過ぎてしまっていたとしても、メンテナンスさえきちんとしていれば、まだまだ走行することは可能なのです。
ですので、買取をしてくれる会社は必ずあるはずですので、あきらめないようにしましょう。